デートの際の相手の心を開く「ラポール」とは??セフレ作りの必須スキル!?

デートの際の相手の心を開く「ラポール」とは??セフレ作りの必須スキル!?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

良く恋愛本などを読むと「相手の真似をしなさい」だとか「相手との共通点を見つけると人間は親しみを覚える」といった類のことが書いてあるのをよく目にします。

 

実際に「相手の真似をする」というのは本当に効果があるのでしょうか??

 

相手の真似をするテクニックを「ラポール」と呼ぶのですが、今回はラポールの仕方とその有用性について書いていきたいと思います。

 

ラポールとは何なのか??

ラポールとは元々、恋愛テクニックから始まった用語ではなく心理療法で使われている方法です。
セラピストが患者さんの心を開くために一番効果のある方法として現在も重宝されているスキルです。

 

「相手の真似をする」というよりも「相手に心を開いてもらうためのスキル」がこのラポールですね。

 

基本的に聞き役に回るのが前提

このラポールというスキルを使ってあなたは女性に心を開いてもらって、相手にペラペラと話させるスキルです。

 

人はみんな自分が話したいという欲求をもっています。

 

関連:相手の利益を考えることがセフレ作るための近道??

 

この欲求は必ずだれもが持っていて話すより聞くほうが好きという人がいたらセラピストやカウンセラーはみんな失業してしまいます。

 

これは人見知りやコミュニケーションが下手な人でもそうです。

 

心を許した人に対しては人付き合いが苦手な人でもペラペラと話したくなるものです。

 

共通の事柄をみつける

聞き役に回るときに意識するべきことは「聞き役に回る」ことです。

 

その際に「相手との共通の体験、事柄」を見つけましょう。

 

人は相手のことが良く分からない場合、危険、よくわかっている場合を安全と無意識に判断します。

 

そして人は自分が過去にした体験を基準にしてしか物事を理解できません。

 

それ故共通の体験があると相手のことを安全だと信じるようになります。

 

ですから「ラポールを使って聞き役に回る」というのがこのテーマのゴールです。
それではラポールの具体的な方法についてみていきましょう。

 

 

相手の心を開かせるスキル「ラポール」の4つのテクニック

 

ラポールをするのに重要なテクニックはこの4つです。

 

  • ぺーシング
  • ミラーリング
  • トラックバック
  • イエスセット

 

テクニック@:ペーシング

 

相手のペースに合わせて会話をすることを「ぺーシング」と呼びます。

 

大人が小さい子供と話すとき、子供にあわせてゆっくりしゃべり簡単な言葉を使って子どもの興味があることについて話す光景をみたことありませんか??

 

あれがぺーシングです。

 

会話の波長を相手に会わせることによって相手が話しやすくなります。

 

テクニックA:ミラーリング

 

ミラーリングとは相手の行動を真似することです。

 

あまり露骨にやっても変な人になってしまうので、あくまで「自然に」「無意識レベル」に真似るのがベストです。

 

慣れないうちは話すスピードを合わせたりしっぐさを真似する程度で充分です。

 

テクニックB:バックトラック

 

バックトラックとは、簡単に言えば「オウム返し」です

 

相手が言ったことをそのまま返すことをバックトラックと呼びます。

 

例えば「今日は寒いね」と言われたら「寒いね」と返す

 

「お酒が好き」と女の人が言ったならば「お酒が好きなんですね!」とオウム返しにしてあげる。
これがバックトラックです。

 

テクニックとしては「ただオウム返しにすればいい」ので非常に簡単で誰にでもできるテクニックです。

 

 

テクニックC:イエスセット

 

イエスセットとは「相手にはい(イエス)」と言わせるテクニックです。

 

これは営業などでもよく使われるテクニックで、相手の話に「はい」と言っているといざお願いされたときに断れない方法です。

 

ナンパ師の間でもよく使われるテクニックですね。

 

 

自分「今日は晴れてるね」
相手「うん、晴れてるね」

 

このように相手に確実に「イエス」と言わせるのがイエスセットの方法です。

 

自分「髪の毛きった??」
相手「うん、切ったよ。よく気が付いたね」

 

というように「うん」を言わせましょう。

 

イエスセットとバックトラックは組み合わせやすい

 

相手に「イエス」を言わせるイエスセットと相手の言葉をオウム返しに返すバックトラックは実は組み合わせやすいテクニックになっています。

 

例えば
上記の

 

相手「赤ワインが好きなの」
自分「赤が好きなんだね」
相手「はい、赤が好きです」

 

この会話のやり取りだけで「トラックバック」と「イエスセット」を組み合わせることができました。

 

非常に簡単に使えるスキルなのでぜひ試してみてください。

 

以上が「ラポール」というテクニックです。

 

相手の心を開くことがセ〇クスするための第一歩

セフレとは言っても、男は相手をさほど選びませんが、女性は男を選びます。

 

関連:セフレを作る女の心理とは??女がセフレを作る理由を解説!

 

ですから、女は誰とでもセ〇クスするというわけではありません。

 

少なくとも心を開いた相手以外とはセ〇クスすることはありません。

 

ですからセフレを作るためにはまず、心を開かせてセ〇クスまでこぎつけることが必要です。

 

今回のラポールはそのための必須テクニックですので是非身に着けることをお勧めします。

 

まとめ

これらのテクニックは、セフレを作る以外にも営業やカウンセラーの必須スキルの一つとして利用されており、かなり実用的で有効な方法です。

 

しかし、このテクニックを無意識レベルで使えるように、意識的に場数を踏んでいかなければ意味がないです。

 

手っ取り早く、女の子に慣れていくために出会い系サイトを使って積極的に会っていく必要があります。

 

当サイトでは出会い系サイトを使ったセフレの作り方について徹底解説をしているので是非参考にしてみてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

たった3カ月で9人のセフレを作った方法をガチ解説!?


27歳童貞がたった3カ月で9人のセフレを使うった方法をガチで解説!

再現性があり、誰にでもできる方法であなたも毎日違う女とパンパンする方法をガチで解説しました。


セフレの作り方!出会い系攻略!セフレイブを満喫しよう??