宗教から学ぶ女の洗脳テクニック

宗教から学ぶセフレ化洗脳テクニック

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

「宗教」と言ったら胡散臭いイメージ、怪しいイメージなどなどあまり良くないイメージがあると思います。

 

実際、あなたが想像している通り、私も宗教に関しては警戒心やうさん臭さしか持っていませんね。

 

しかし、「宗教勧誘」「洗脳」という面に関しては、宗教は非常に勉強になるのではないかと考えております。

 

宗教の勧誘、洗脳テクニックをセフレ作りに生かす

実は、宗教の勧誘、洗脳テクニックはセフレ作りに非常に使えます。

 

というのも、セフレになりやすい女の子と宗教にハマりやすい女の子の特徴がかなり近いからです。

 

宗教にハマりやすい人間の特徴として挙げられるのが

 

  1. 自分の中に価値観がない(人の価値観で生きている)
  2. 日常に不満がある(人間関係が悪いなど)
  3. 断ることが苦手
  4. 人に流されやすい

 

実はこれらの内容は、セフレになりやすい女の子の特徴に物凄く似ています。
セフレにしやすい女に当てはまる11個の特徴という記事でも書きましたが、セフレになりやすい女の子のタイプとして挙げられるのは

 

  1. 押しに弱い
  2. 恋愛体質
  3. ネット依存
  4. 極度の寂しがりや
  5. メンヘラ
  6. 人の意見に左右されやすい

 

ね??宗教にハマる人ってセフレになりやすい女に似てるでしょ??

 

共通しているのは「人に流されやすかったり、人からのお願いを断るのが苦手なタイプです。

 

ということでセフレを作るための宗教洗脳テクニックを学んでいきましょう!

 

宗教の洗脳テクニック5連発

宗教の洗脳テクニックを5連発で紹介します。

 

 

悩みを聞いてあげる

相手の悩みを聞いてあげましょう。
相手の悩みを聞いてあげるべき理由は2つあります。
一つ目が相手から信頼感をもらうためです。

 

少し前に民放テレビで辺見えりが占い師に5億円(!)という大金をカモられたというエピソードを紹介していました。

 

その際の手口のファーストステップとして「相手の話をひたすら聞いてあげる」というものでした。

 

よく「口下手は聞き上手になれ!」なんて言われますけど、まさにその通りです。
聞き役に徹することによって相手からは信頼されるようになります。

 

2つ目が相手の弱み、悩みをリサーチするためです。
女の子が何に悩んでいて、何に弱いのかを知るためです。

 

これも宗教の洗脳テクニックの一つなのですが、宗教は相手の悩みを聞き出した上で「弱みに付け込む」戦法を取って洗脳してきます。

 

例えば、「あなたは人間関係に悩んでいますね??当、宗教プログラムは人間関係の悩み解決に絶大な威力を発揮します、うんぬんかんぬん・・・・」
みたいなセリフで勧誘してきます。

 

「まっさっか〜こんなんで洗脳されるわけないじゃん!」なんて思われるかもしれませんが、残念ながら状況によってはコロッと洗脳されます。

 

特に極限まで心が弱っている人であればあるほどコロッと落ちます。

 

「洗脳」は悪いイメージに聞こえますが、言ってしまえば「大学受験のために予備校に行くのは当たり前」というのは予備校の洗脳ですし
テレビのニュースで誰か特定の人を袋叩きにするのもメディアの洗脳の一つです。

 

気が付かないところで人は洗脳されているものなのです。

 

 

悩みを拡大させる

悩みを聞き役として徹底的に聞いてみたら、今度はその悩みを拡大させましょう。
変に偉そうにアドバイスしてはいけません。

 

例えば、女の子が「学校での友達関係の悩み」について抱えていたら、その悩み、不安を煽りましょう。
「学校での友人関係の悩み、不安」によって女の子に対して「このままだとあなたは友人関係で不幸になる」など、適当に不安に陥れることによって感情を揺さぶるのが「悩みの拡大」です。

 

実はこの方法も宗教の洗脳や営業テクニックで使われている方法です。

 

拡大させた悩みを解決できるのは自分だと説得しましょう。
例えば、友達と仲が悪くなってほぼ絶縁状態になった女の子には、「寂しさを埋める」という手段で悩みを解決できればいいわけです。

 

またもし解決策がなくても「この人と一緒にいれば解決してくれる」と思わせることができればいいのです。

 

「みんなやっていることだから!」と言い切る

セフレになりやすい女の子は「自分」を持っていないことが多いです。
まぁ人間誰もがそうなのですが、「自分」を持っていないが故に、「みんなやっている」という言葉に極端に弱いです

 

セフレになりやすい女の子は依存心や周りに合わせようという気持ちが人一倍強い傷つきやすい子が多いです。

 

自分一人だけ浮いたことをするなんてできないのが自分を持っていない子の特徴です。

 

逆に「みんなやっている」とわかれば社会的倫理を冒すようなことでも平気でやります。
例えばスポーツイベントなんてまさに集団心理の良い例。
スタジアムで暴動を起こしたり、サッカーの大きな試合ではその国中が祭りになったりというのがまさにそう。

 

何が言いたいのかというと、セ〇クスをハシタナイと思う女に対して
「みんなやっている」「セフレの関係なんて普通だよ」「みんな言ってないだけでこういうことやってるんだよ?」といった具合に
「みんなやっていることだよ」と説得することは非常に効果があります。

 

小さいお願いをして最後に体を要求する

人には「一貫性の法則」という原理原則があります。
一貫性の法則とは、人間は発言や態度、行動などに一貫したいという心理が働くことです。

 

マーケティング用語でもあります。

 

これを利用して、小さい断る必要のないお願いをしていきます。

 

例えば、「アレ買ってきて、ちょっと手伝って、会うだけで変なことしないから会おうよ」といった具合に誰でもやってくれるようなお願いから初めて
最終的に体を求めると「一貫性の法則」が働くため、セ〇クスの成功率が上がります。

 

関連記事:セフレを作る女の心理とは??女がセフレを作る理由を解説!

 

相手に恩義を着せる

これは相手に親切にすることによって、相手が何かお返しをしなければという感情が働くことを利用した方法です。

 

例えば近所に住んでいる人に「余ったのでおすそ分けします」といって食べ物を持ってきてくれた場合、それを受け取った新名は何かお返しをしなければと思うはずです。

 

それと同様に相手にとにかく与えましょう。

 

ご飯をおごってあげる、褒めてあげる、何か簡単なものを買ってあげる。

 

そうすることによってあなたに対する信頼残高がどんどんたまっていき、女の子もあなたに何かしら恩を返さなければという
気になります。

 

そのタイミングでセ〇クスを誘えば、「これだけ色々してもらったんだから体をささげてもいいかな」と思わせることができるようになります。

 

 

まとめ

宗教で利用できるてきるテクニックはセフレを作るのにも充分使えます。

 

是非、利用してみてください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

たった3カ月で9人のセフレを作った方法をガチ解説!?


27歳童貞がたった3カ月で9人のセフレを使うった方法をガチで解説!

再現性があり、誰にでもできる方法であなたも毎日違う女とパンパンする方法をガチで解説しました。


セフレの作り方!出会い系攻略!セフレイブを満喫しよう??