出会い喫茶は果たして出会えるのか??

出会い喫茶は果たして出会えるのか??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

都内に行ったら時々見かける出会い喫茶。
果たして出会い喫茶って何なのでしょうか??

 

本当に出会えるのでしょうか??

 

 

今回は実際に出会い喫茶に行った友人にライターさんにお金を払って実際にレビューを書いてもらいました。

 

レビュー記事の前に出会い喫茶とは何なのかザッと説明したいと思います。

 

 

出会い喫茶とは??

出会い喫茶(であいきっさ)とは男性と女性に会話の場を提供する会員制の店である。
テレクラや出会い系サイトとは異なり、男性と女性が直接顔を合わせて会話する。出会い系喫茶と表記されることもある。

 

引用:wikipedia

 

店に入った男がマジックミラー越しに女性を見て、その中から気に入った女の子がいたらトークルームに誘うという形式になっています。

 

条件が合えば外出デートをすることができる形式になっています。

 

例えば出会い喫茶キラリの場合

 

  • 入会金:2000円
  • 入場料:2000円
  • 退室料:2000円

 

となっています。
ちょっとトークして交渉後、女の子からOKが出ればデートをすることができるのですが、その際退室料をお店側に払わなければなりません。

 

そして女の子と交渉してデート、場合によってはお金を支払って割り切りも行うこともあります。

 

言葉で説明してもわかりづらいと思いますので、実際に出会い喫茶に行ったライター様に体験談を書いてもらいました。

 

出会い喫茶に行ったときの体験談

 

自分好みの女性と出会いたいと思っていても、実際に出会う方法が分からず、日々妄想しながらオナニーを勤しむのが日課となっている。

 

しかし、やはりそこは男。インターネットを駆使して自由に出会える場所がないかを検索してみると、かなり気になるワードが目に飛び込んできた。

 

それは『出会い喫茶』と呼ばれ、新宿・池袋・御徒町など都内にはいくつかあるらしい。

 

イマイチ内容がイメージが出来なかったので、さらに詳しく調べてみることにした。

 

すると、徐々に全貌があきらかになってくる。出会い喫茶とは、利用料金を支払って店内で気になる女性と会話が楽しめて、上手くいけば店外デートも可能ということだ。

 

ポイントとしては、気になる女性を選べること、店外デートが出来るという2点ではないかと思う。

 

まさに、自分好みの女性と出会えるかもしれないシステムと言える。

 

ここまで細かく調べてみても実際に行ってみなければ何も分からない。いくつか店を絞ってみると『モモカフェ』、『キラリ』の2つが有名のように感じた。

 

それは池袋・新宿といった都内屈指の歓楽街に店舗を構えていることが理由である。

 

そして、今回は若い女性が遊ぶ池袋の『キラリ』に行くことにした。

 

新宿はキャバ嬢やホスト好きな女性がいる勝手なイメージがあり、池袋は埼玉からのアクセスしやすく年齢層が低いイメージが強いのも決め手の一つ。

 

また、自宅のPCからHPをチェックしてみると、新規の女性動画や写真(顔は見えない)が沢山ある。

 

それを見たところリアルに若い女性が登録していること分かったのだが、冷静に考えれば全員が出会いを求めているってこと……。

 

期待感がMAXになったところで遊びに行く時間帯を考える。

 

あまり早い時間に行っても女性がいなそうだったので、平日金曜日の18時に池袋東口にあるお店へ向かうことにした。

 

 

池袋の「キラリ」に行ってみた

 

会社終わりに池袋に到着したが、平日にも関わらず18時の池袋は人で溢れかえっている。特に東口は有名な観光スポットサンシャインシティ、ゲームセンター、映画館などがあり、若者が多い。

 

ということは……出会い喫茶にやってくる女性は若いのではないか。期待せずにはいられない状況に無意識に歩く速度は速くなる。

 

お店は東口から左手に進み、マクドナルド、ビックカメラ池袋本店を通り過ぎた先にある博多天神というラーメン屋の近くにあった。

 

ただ、すぐにお店に入るが出来なかったのだ。どうしてかと言うと、大通りに面していて人が多く視線が気になってしまったからである。

 

数分間ウロウロしたあとに無事に入店。まずは受付スタッフからシステムについてレクチャーを受けることに。

 

初めてなので、今回は入会金2,000円、入場料2,000円を支払うのだが、女性と店外へ出る際は退出料としてプラス2,000円が必要となる。

 

他の出会い喫茶だと、女性と会話する料金が必要な場合もあることから、今回のお店は良心的なシステムのようだ。

 

受け付けを済ませると男性用フロアに案内をされる。決して大きくない部屋の中には6名の同志がすでにスタンバっていた。

 

そして、肝心の女性はマジックミラーで仕切られた部屋にいる。女性たちは本を読んだりスマホをいじっていたりと様々で、その姿を男性側から品定めするようになっているのだ。

 

男性側の様子を見ていると

 

  • マジックミラーに顔を近づけている人
  • 遠くから全体を見ている人
  • 下から覗くようにパンツを見ている人の三通りに分けられる

 

一番驚いたのがパンツを覗けるということだ。

 

マジックミラーの高さがちょうどしゃがんだ場所にあり、そこに座っている女性のパンツを運がよければ見れるという仕組みになっている。

 

やはり純粋な出会いというよりは、ちょっぴりエッチな出会いを求める男女用な雰囲気の方が強い。

 

もちろん自分も運よくエッチな展開になっくれればと思っているのだが……。

 

とやかく考えても仕方がないので、まずは好みの女性を探しあてなければいけない。本やスマホをいじっている子が多いので、マジックミラーに近づいてみてみると、年齢層は20代前半〜20代半ばの女性が7名。

 

全体的にギャルっぽい子出はなく、清楚系でおとなしそうな感じの子が多かった。ジッと見て様子を伺っていると、次から次へと女性が呼ばれ別室で男性とトークタイムに入っていく。

 

そして、お互いに気が合った男女はお店から出ていくのだが、可愛い子は競争が激しくトークすら順番が回ってこないほど。

 

このままでは、好みじゃない女性しか居なくなってしまうと思い、ショートカットの22歳Aちゃんとトークしたいとスタッフにカードを渡して、ついに2ショットでのアタックが開始。

 

しかし、トーク出来る時間は10分間と決まっているので、のんびりしながら仲良くはなれない。早速、Aちゃんに「普段は何をしているの?」と聞いてみる。

 

「美容師の専門学校に通っているよぉ♪」

 

見ためは白いワンピースに黒髪ショートカットでアイドルにいそうなAちゃん。もっとストレートに「どんな出会いを求めているの?」と聞いてみた。

 

「そうですね〜、エッチなことを言わない真面目な人かなぁ。いつも男性はエッチばかり求めてくるんので……」

 

自分はエッチではなく真剣に出会いを求めていることを伝えると嬉しそうにしてくれたが、タイプかタイプではないかだと、正直にタイプではないと言われてしまったので、ここで終了することにした。

 

再度マジックミラーに張り付いて品定めをしていると、新たにやってきた女性にアンテナが反応。見た目は真面目そうなお嬢様のようで、何で出会い喫茶にいるのだろうと思ってしまったほど。

 

すぐにスタッフにトークカードを渡して2ショットタイムへ。緊張しながら挨拶をすませてお互いの自己紹介。

 

「私はYと言います。普段は心理学部で勉強している大学生です」

 

ついにリアルJDと話が出来て、本日最高のテンションに。さらにたたみかけるように「今日はこれからヒマ?もしよければカラオケでも行かない?」と質問を浴びせる。

 

すると……奇跡的な返事がもらえたのだ。

 

「いいですよ。ちょうどヒマだし面白そうなので」

 

心の中でガッツポーズをして、受け付けで退出料2,000円を支払って店外デート成功。お店の外で待ち合わせをして、近くにあったカラオケボックスに入り、2時間楽しく遊んでバイバイしたのだが、帰り間際に連絡先を交換出来たので、次回も会える可能性もあるということ。

 

今回、初めて出会い喫茶で遊んでみて思ったことは、運良ければ自分好み女性と遊ぶことが出来るということだったが、逆を言えば運悪ければ自分好みには出会えないということでもある。

 

そして、連絡先を交換することは無事に達成。

 

でも、これから先も遊べる関係になれるかは不明としか言いようがない。自分の頑張り次第でもあるので何とも言えないが……。

 

また、出会い系サイトと比較をしてみると、やはり一番は実物を見ながら選べるということだと思う。出会い系だと写メ詐欺も沢山あるので、その点は出会い喫茶の良い点だと思う。

 

今回は平日夕方に行ってみたが、全体的に年齢層は若いと感じた。これが土日ならもっと若い女性が集まるのではないだろうか。

 

あとは実際に援助をおねだりしてくる女性も多いというのがネックではあるが、今後も池袋含めて新宿などでも遊んでみたいと思う。

 

もしかしたら、運命的な出会いがあるかもしれないので……たぶん難しいと思う諦めずに頑張ってみようと思った。

 

以上が、ライター様に依頼した出会い喫茶の体験談です。

 

 

出会い喫茶のポイント

上記と出会い喫茶の特性から、解説していこうと思います。

 

@デートまでなら充分可能

上記のようにデートまでなら充分可能です。
女の子をトークルームに誘って10分話して、女の子側の気持ちが乗っていればカフェに行ったりカラオケに行ったり、女の子とデートをすることはできます。
当然、デートをするのにお金を要求してくる女の子は多く(というかそれが大半)交渉ありきの割り切りデートになります。

 

ただし、やはりセ〇クスまで持ち込むのは、はっきり言って「無理に近い」と言わざるを得ません。(お金を払って割り切った上での、セ〇クスは充分できますが)

 

出会い喫茶にいる女の子自体、大半が出会いを求めるためではなく「お小遣い稼ぎ」のために来ています。

 

お小遣い稼ぎのために毎日毎日出会い喫茶に働きに来ているので、よほどイケメンなど圧倒的に有利な特徴がないか割り切ってお金を支払わない限り、到底セ〇クスはできません。

 

Aセフレ化という観点ではほぼ不可能

当然、セフレ化は難しいです。

 

やはり出会い喫茶に来ている女の子はあくまでお小遣い稼ぎなのです。

 

その点、出会い系サイトに関しては、相手はお小遣い稼ぎではなく(お小遣い稼ぎの子も一定数いるが)純粋に出会いを求めているか、いつでもセックスできる男を探すために出会い系サイトに登録している場合が多いです。

 

  • 出会い喫茶⇔お金稼ぎ以上の意味はない
  • 出会い系サイト⇔本気で出会い、セフレを探しているか、寂しさを間際らせるために男と会っている

 

のです。

 

現状、セフレを作るのに出会い喫茶はあまりお勧めできません。

 

出会い系サイトを使ったセフレの作り方を一度見れば週3回1日15分の作業でセフレを月3〜4人作ることができますので、当サイトでス出会い系サイトを強くお勧めします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

たった3カ月で9人のセフレを作った方法をガチ解説!?


27歳童貞がたった3カ月で9人のセフレを使うった方法をガチで解説!

再現性があり、誰にでもできる方法であなたも毎日違う女とパンパンする方法をガチで解説しました。


セフレの作り方!出会い系攻略!セフレイブを満喫しよう??