ナンパ vs 出会い系 どっちが効率よくセフレを作れるのか??

ナンパ vs 出会い系 どっちが効率よくセフレを作れるのか??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

色んな女の子とセ〇クスしまくりたい!という欲求は誰にでもあります。

 

そこで、「セ〇クスするための効率的な手段」として大きく分けて風俗、ナンパ、出会い系この3つがメインの出会い方ですね。

 

「ただセ〇クスするだけ」であれば風俗でいいと思います。

 

しかし、私を含めて「確かにセ〇クスしたいんだけどその過程を楽しみたい」という人も多いはずです。

 

他にも出会い方はいくつかありますが、今回はセフレを作るための常套手段である出会い系とナンパを比較してみたいと思います。

 

効率的に考えればナンパの方が上

出会い系とナンパですが「どっちが効率的か??」と聞かれればナンパの方が効率的です。
ナンパは

 

  • 一切お金がかからない
  • 短時間に色んな女の子に声をかけることができる
  • 対面なので確実性が高い

 

という出会い系にはない圧倒的なメリットがあります。

 

関連記事:風俗とセフレはどっちがコスパいい??一回当たりのコストを算出してみた。

 

渋谷や新宿は女の子がたくさん歩いているので100人に声をかければ2~3人程度は連絡先くらいは交換できると思います。

 

 

ナンパは向いている人と向いていない人、きっぱり別れる

ただし、ナンパは出会い系よりもはるかに「向き、不向き」に左右されます。

 

ナンパ向きの人は

 

  • 都会に住んでいる
  • 顔がイケメン
  • 昼間の都会で女の子に声をかける強心臓の持ち主

 

ですね。

 

都会に住んでいる

当然ですが田舎住みの人はナンパに不向きです。

 

まず女の子の絶対数が少ないためなかなか女の子を捕まえづらいですし、簡単に股を開いてくれるような女の子がいません。

 

それに対して都会、特に東京の新宿、渋谷、池袋あたりは女の子も多いですし、それなりに可愛い女の子はナンパされることが多いので非常におすすめです。

 

 

顔がイケメン

顔がイケメンではなくても不可能ではないですが、出会い系でセフレを作るよりも「顔」に左右されます。

 

出会い系は顔がイケメンではなくても文章のやり取りだけで出会ってデートまで行けますが、ナンパの場合ブサメンがナンパをしたところで絶対に止まってくれません。

 

ナンパは顔に大きく左右されるので、ブサメンな人は圧倒的に不利です。

 

 

昼間の都会で女の子に声をかける強心臓の持ち主

ナンパ師は人が多い平日の昼間でも女の子に声をかける強心臓の持ち主ばかりです。
ナンパで効率的に女の子とセ〇クスするために必要なのは

 

  • 何度挑戦しても心が折れずに続けられる強心臓の持ち主
  • 明るく誰にでも心を開くタイプ

 

こういったリア充タイプの人に対してはナンパをお勧めします。

 

そもそも女経験が少ないのにナンパはハードルが高い

これは個人的な意見ですが、女経験が少ないのにストナン(ストリートナンパ)は非常にハードルが高いです。

 

実は当サイトの管理人がSNSで仲良くさせてもらっているナンパ師が何人かいるのですが、彼ら曰く、「ほぼ童貞みたいな女慣れしていない奴にいきなりストナンは無理」らしいです。

 


 

これは私も同感ですね。

 

まずいきなりストナンするのは無理にもほどがあります。

 

ヤムチャがフリーザを倒すくらい無謀ですね。

 

上記のツイートに近いですが、個人的に言うともっとネットナンパに力を入れて経験値を積み重ねるといいと思います。

 

  • @出会い系(上記ではペアーズをオススメされてますが個人的にはハピメPCMAXがおすすめ)で出会いまくって慣れる最低10人以上抱く
  • Aネット経由のナンパではなくクラブやバーなどで10人以上LINE交換&3人以上抱く

 

少なくともこれだけこなしてようやくストリートナンパの土俵に立つことができます。

 

 

 

コミュ障、ブサメンもしくは自分に自信のない人は出会い系を使ってどんどん慣れるべし

私は会社の先輩にナンパをさせられましたが、自分がナンパは不向きで出会い系の方が向いているなと感じました。

 

出会い系だと

 

  • 実際に会うまでお互い顔を合わせない
  • 文章である程度距離を縮められる
  • ターゲットを絞れる

 

というメリットがあります。

 

関連記事:出会い系サイトを使ってセフレを作るメリットとは??

 

会うまでお互い顔を合わせない

会うまで顔を合わせることがないので、イケメンだろうがブサメンだろうが会うまではいけます。

 

ただし会ってからセ〇クスするまではあなたの慣れ、技量次第です。

 

顔に関係なくデートまで行ければあとはテクニックとあなたの人間性次第ですね。

 

文章である程度距離を縮められる

ナンパにあって出会い系にはないもの、それは出会うまでに積み重ねることができる「信用」です。

 

ナンパはいきなり声をかけるわけですからなかなか信用してもらえません。

 

それに対して出会い系はメールである程度やり取りすることで自分のことをある程度知ってもらえます。

 

よほど失礼なことを送ったり、自慢ばかりせずに謙虚な姿勢でいればそれなりに信用してもらえるようになります。

 

 

ターゲットを絞れる

ナンパは手あたり次第、かわいい子に声をかけることができますが、相手がどういう人間か知ることはできません。

 

それに対して出会い系はプロフィールを見ることができるので、ある程度、相手がどういう人間かわかった上でアプローチすることができます。

 

看護師にあこがれを抱いているのなら看護系の女の子にアプローチができますし、大学生がいいなら学生にアプローチができるわけです。

 

 

まとめ

ナンパは確かに効率的です。

 

短時間のうちに何人もの女の子に声をかけることができますし、女の子の顔を選べます。

 

更に、ネット上ではなく対面なのでその後セ〇クスするまでのハードルが下がります。

 

ただ、ナンパは明らかに向き不向きがあります。

 

強心臓の持ち主で底抜けの明るさがあり、更に都会に住んでいるイケメンの方はナンパの方が効率がいいです。

 

しかし、そうではない方もたくさんいます。

 

緊張でナンパ出来ないかつ根暗ブサメンコミュ障は出会い系の方が絶対にいいですね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

たった3カ月で9人のセフレを作った方法をガチ解説!?


27歳童貞がたった3カ月で9人のセフレを使うった方法をガチで解説!

再現性があり、誰にでもできる方法であなたも毎日違う女とパンパンする方法をガチで解説しました。


セフレの作り方!出会い系攻略!セフレイブを満喫しよう??