彼女がいるのにセフレを作ることは「悪い」ことなのか?

彼女がいるのにセフレを作ることは「悪い」ことなのか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

実際のところ、セフレなんて、と感じている女性は多いです。

 

確かに、セフレになっている女性には、デメリットもあります。

 

しかし、男性にとってはどうでしょうか? 

 

彼女がいる場合は?

 

男性からすると、実はセフレの存在は、多くのメリットを得ることにつながります。

 

彼女がいる人も、セフレがいたほうがいい理由

 

 

彼女がいるのにセフレを作るのは悪いことじゃないか、と疑問に思っている人も多いです。

 

 

実際にそういった声もあるでしょう。

 

 

しかし、男性からしてみると、セフレは絶対にいたほうが良いです。

 

彼女がいる場合も例外ではありません。

 

そこでこの項目では、彼女がいる人もセフレがいたほうがいい7つの理由を紹介していきます。

 

★ セフレがいたほうがいい7つの理由

 

 

  • 1. 達成感を味わえる
  • 2. 承認欲求を満たせる
  • 3. 本命の彼女との関係が良くなる
  • 4. 性的欲求を満たすことができる
  • 5. プレイがうまくなる
  • 6. 女性の気持ちがわかるようになる
  • 7. 彼女との相性を知ることができる

 

1. 達成感を味わえる

男性は、攻略することに喜びを感じるものです。

 

RPGのように、女性を攻略することに幸せを感じます。

 

彼女以外の女性もセフレとして攻略することで、より満足感を得られるわけです。

 

多くの動物に見られるように、人間のオスも狩りの生き物です。

 

セフレを作ることによって、狩りの欲求を満たし、達成感を味わえます。

 

2. 承認欲求を満たせる

女性が股を開くのは、自分が認めた男性に対してのみです。

 

そのため、セフレを作ることによって、自身の承認欲求を満たすことも可能です。

 

自分に自信を持つことにもつながります。

 

3. 本命の彼女との関係が良くなる

1人しか自分と関係のある女性がいないと、男性は余裕がなくなる傾向があります。

 

  • ・今日は帰りが遅いけど、何やっていたんだろう?
  • ・メールが返ってこないけど、なんでだろう?
  • ・他の男と会うとか有り得ない……
  • ・まさか自分に冷めてるんじゃ……

 

と、ちょっとした彼女の行動で、このような考えに陥ってしまうわけです

それを彼女に悟られたり、実際に余裕のなさから「まさか他の男と会ってたんじゃないだろうな?」と言ってしまいます。そうなると、別に問題のなかった関係なのに、みずから悪化させてしまうことも。

 

セフレがいると、これがまったく変わってきます。

 

ちょっとメールの返信が遅くても、余裕をもって待つことができます。

 

他の男と彼女が喋っているような場合でも、いちいち嫉妬しなくて済むわけです。

 

彼女との接し方に余裕が生まれるのが、大きなメリットです。

 

セフレがいたほうが、振られるリスクが下がります。

 

4. 性的欲求を満たすことができる

彼女とのセックスの場合、嫌われたくない、変態と思われたくない、といった感情があるものです。

 

なかなか自分の欲望をさらけ出させないことも多いです。

 

しかし、セフレとのセックスの場合には、嫌われる心配はいりません。

 

万が一、嫌われたら別のセフレに替えればいいだけだからです。

 

彼女とは躊躇っていた、自分のいろいろな嗜好をセフレには試すことができます。

 

ストレス発散にもなるでしょう。

 

そして、別に嫌がられない、という認識を得ることも可能です。そうなれば、自信をもって本命の彼女にも自分の欲望を出せるようになります。

 

5. プレイがうまくなる

セックスのレパートリーが増えます。

 

女性の身体をもっと知ることができます。すると、彼女のことももっと喜ばせることが可能です。

 

6. 女性の気持ちがわかるようになる

複数の女性と接することで、女性の気持ちを察することもできるようになります。

 

本命の彼女にも、優しく接することが可能になります。

 

彼女からの好感度アップにもつながるわけです。

 

7. 彼女との相性を知ることができる

複数の女性との関係があれば、心と身体の相性も知ることができます。

 

それこそ、今の彼女が本当にベストなのかどうか、客観的に判断できるわけです。

 

女性経験が少ない男性の場合、結婚した後に、やっぱり思ったより相性が良くなかったとなるケースも多いです。

 

そうなると、浮気をせずにはいられなくなります。最悪、離婚にいたります。

 

そのことを考えると、セフレを作って女性経験を豊富にもっておくのは有益です。彼女のことを考えても良いでしょう。

 

セフレを作る方法は?

 

 

セフレを作ったほうがいいのはわかったけれど、どうやってセフレをゲットしたらいいのかがわからない人も多いです。

 

この項目では、具体的なセフレの作り方について解説していきます。

 

  • 風俗、キャバクラ×
  • 合コン、街コン△
  • ナンパ○
  • 出会い系◎

 

以上が、代表的なものです。

 

ハードルの高いものから順に並べています。

 

■風俗・キャバクラ×

風俗・キャバクラで知り合った女性をセフレ化するのはハードルが高いです。

 

数あるセフレを作る方法のなかでも、かなりの高難度だといえます。

 

まず、お金ありきの関係だったところから、ノーマネーでセックスするだけの関係とすることが難しいです。

 

特に1番の問題は、性感染症のリスクが高いことです。

 

風俗はもちろん、キャバクラの女性も遊んでいる人は多いです。数多くの男性と経験をもっている女性をセフレにするのは、やはり性病のリスクが高まります。

 

■合コン・街コン△

合コン・街コンは、特に独力で彼氏をゲットできない女性が集まる傾向にあります。

 

そのため、街コンのオフィシャルページに載るような可愛い女子は、実際にはまずいないです。

 

言い方は悪いですが、普段の生活で男から見向きもされない女子が集まる場所だと思っていて良いでしょう。

 

ただ、1%ぐらいは美女が参加することがあるのも事実。しかし、そういった女性は、セフレよりも彼女になることを望みます。

 

■ナンパ○

ナンパはセフレを作るという意味では、かなり良い方法です。

 

むしろ、彼女を作るのには、あまりおすすめできません。

 

ナンパの場合、どうしてもチャラいというイメージがあるからです。

 

しかし、それについくるような女性であれば、セフレのような軽い関係にも進展させやすいです。

 

ただし、ナンパは多くの男性がハードルの高さを感じる方法です。

 

特に見ず知らずの女性にいきなり声をかけるのが怖い、という男性は多いです。

 

無視されたらどうしよう、と不安に思って地蔵化してしまう人もいます。

 

知らない女子に声をかけるのが苦手ではない人にはおすすめです。

 

しかし、多くの男性には難しい方法です。

 

■出会い系◎

セフレを作るのに1番おすすめの方法が、出会い系サイトです。

 

今では、SNSやLINEアプリなど、ネットを使った出会いが増えています。

 

しかし、twitterやLINE掲示板など、多くのツールは業者が介入しています。

 

出会い関係のネットワークワービスは、特にお金が動きやすいためです。

 

サクラやキャッシュバッカーばかりのサイトも珍しくありません。

 

優良の出会い系サイトを使えば、効率的にセフレを探すことが可能です。

 

登録している女子のプロフィールページを見てみましょう。

 

すると、友達を作りたい子や彼氏がほしい人など、いろいろなニーズの女性がいることがわかります。なかには、セフレを作る目的で登録している子もいます。こういった子を狙っていくことで、時間的にも精神的にも負担にならずにセフレを作ることが可能です。

 

 

彼女がいてもセフレが必要な理由についてまとめ

 

セフレがいれば、余裕をもって本命の彼女に接することができます。

 

そうすると、ちょっとしたことでイライラしたり、やきもちを焼いたりすることもなくなります。

 

関係が長続きしやすくなるのが、セフレを作る大きなメリットです。

 

余裕ができると、何より自分が楽になって幸せを感じます。セフレ、おすすめです。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

たった3カ月で9人のセフレを作った方法をガチ解説!?


27歳童貞がたった3カ月で9人のセフレを使うった方法をガチで解説!

再現性があり、誰にでもできる方法であなたも毎日違う女とパンパンする方法をガチで解説しました。


セフレの作り方!出会い系攻略!セフレイブを満喫しよう??